拙者的2012年ベスト・アルバムなどをつらつらと…2012/12/31 09:17

とりあえずお正月の準備もナンとか整いましたので、今年も例年に倣い拙者的2012年ベスト・アルバムを10枚程リストアップしてみようかと思います。どれもみな拙者にとって日々の糧になりました。…やはり音楽って良いですね(実感)

◎ Van Morrison / Born To Sing No Plan B
◎ Carolina Chocolate Drops / Leaving Eden
◎ Joan Osborne / Bring It On Home
◎ Ray Wylie Hubbard / The Grifter's Hymnal
◎ Ruthie Foster / Let It Burn
◎ Justin Townes Earle/ Nothing's Gonna Change The Way You Feel
◎ Jon Cleary / Occapella
◎ Bruce Springsteen / Wrecking Ball
◎ Lonesome Strings, Mari Nakamura / Afterthoughts
◎ Alabama Shakes / Boys & Girls

それから今年観たライブなのですが、以下の3本が身震いする程良かったです。

2月9日  Tedeschi Trucks Band(渋谷公会堂) 
8月17日 The Beach Boys(大阪中央体育館) 
11月1日 The Dukes of September Rhythm Revue(日本武道館)

それでは皆様、本年はお世話になりました。どうか良いお年をお迎え下さい。

拙者的2013年ベスト・アルバムなどをつらつらと2012/12/31 15:23

いよいよ2013年も、残すところ9時間足らずと相成りました。
それにしても…年の瀬を間近に控え、突然の大滝詠一氏逝去の報に、心中穏やかではないのですが、今年も拙者的2013年ベスト・アルバムを10枚に絞り込んでみました。
どの作品もみな、拙者にとって日々暮らしていくうえでの大きな糧になりました (順不同)

◎ Shannon McNally / Small Town Talk
◎ Emmylou Harris & Rodney Crowell / Old Yellow Moon
◎ Mavis Staples / One True Vine
◎ Tedeschi Trucks Band / Made Up Mind
◎ 細野晴臣 / Heavenly Music
◎ Iron & Wine / Ghost on Ghost
◎ Ed Motta / AOR
◎ Band of Heathens / Sunday Morning Record
◎ John Mayer / Paradise Valley
◎ Reckless Kelly / Long Night Moon Boots

それでは、皆様、本年も大変お世話になりました。
どうか良い年をお迎えください。