Fineline2009/09/23 23:05

五黄赤口の水曜日。ナニはともあれ本日はお彼岸の中日といふことで、日がな一日、親戚廻り&親戚の来訪と慌ただしい一日だったのである。はふぅ。。

それにしても…今日は行く先々で、”親の介護”について矢鱈盛り上がったから不思議不思議。。

ま、もっとも先週日曜日、あっしの親父が三度目の脳梗塞で緊急入院したおかげで、行く先々の話題は否が応でも介護の話しに終始した次第なのであるが…。

とりあえず彼は三日間入院したのち、なんとか先週火曜日に退院の運びと相成ったのだが、このたび…とうとう彼も車椅子を使わないとニッチもサッチもドーにもブルドッグってな状況になっちまったからまいったまいった…マイケルマクドナルド(さ、さぶっ)

ただいま聴いている音源:Ned Doheny / same [1973]
日本に遅れること十数年…ようやくメリケン国でもCD化されたのを幸いとばかり、先々月だったかアマゾンで”ポチッ!”とクリックした1枚。

そもそもネッドの作品は、70年代半ば頃に友人からセカンドの『Hard Candy』を借りて以来、あっし的には大好きなミュージシャンなのである。

『Hard Candy』から遡って、このファーストを入手したのが二十歳ぐらいの頃だったろうか。セカンドとはまた違ったそのナイーブな佇まいに、まるで都会のアスファルトを剥がしたら…思いもよらぬ肥沃な地肌を発見したような気がしたものだった(遠い眼差し)。。

ちなみに後年…といっても三年程前だったか、関西70年代倶楽部オフに初参加した際、大阪が世界に誇るメリケンロックの生き字引とでもいふべき…そうだなぁ、、ここでは仮にRさんとでも呼んでおこうか(まんまやんか!)

そのRさん(仮名)曰く、「あのな、ロスアンゼルスのウェスト・ハリウッドにはな、ドヒニー・ロードといふ道があるねん。これは物凄いことなんでっせ!」とのこと。。

あっしも今度、自宅真裏の通りを”アブラヤアベニュー”もしくは”アブラヤ街道”とでも勝手に呼ばせてもらおうかとおもーとる次第なのでR。。

コメント

_ 赤帽ジョニー ― 2009/09/25 19:39

アブラヤさんこんばんわ。
引越の件ありがとうございました。
明日がんばっていってまいります。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://aburaya.asablo.jp/blog/2009/09/23/4595344/tb